手の外科:腱鞘炎・バネ指・手根管症候群|揖保郡太子町のささき整形外科クリニック

手の外科:腱鞘炎・バネ指・手根管症候群

手の外科とは?

手の外科では、上肢(腕や手)の骨・関節・腱・靱帯の外傷やしびれ・麻痺などの神経外傷や障害に対して診断、治療を行います。

当院では、整形外科専門医が手のけが(外傷)や病気が原因でおこる腱鞘炎、手のしびれ、手指の関節痛など患者さまお一人おひとりの症状に合わせた診療を行っています。保存的治療で改善しない方は、必要に応じて手術療法が可能な病院への紹介も行っています。

主な手外科の疾患

・手根管症候群 ・ドケルバン病 (狭窄性腱鞘炎)・ばね指(弾撥指)・へバーデン結節
・ガングリオン ・マレット変形 ・テニス肘 ・肘部管症候群  など
手根管症候群とは?
捻挫手根管症候群は何らかの原因で手の平のつけ根部分にある手根管内にある正中神経が圧迫されてしまい、痛みやしびれ、麻痺が生じる病気です。妊娠・出産期や更年期の女性に多いのが特徴です。初めは人差し指や中指の痛み、しびれがでますが、進行すると親指からから薬指(親指側)の3本半の指がしびれてきます。
手関節近くの骨折、脱臼、変形性関節症、腱鞘炎、痛風、アミロイド沈着、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などさまざまな病気が原因となって発症することが多いです。
消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、運動や仕事の軽減などの局所の安静、手根管内腱鞘内注射などの保存的療法が行われます。
腱鞘炎とは?
手首や手の指に痛みが起きる腱鞘炎は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)に炎症が起きる病気です。 痛みと腫れ、患部の動かしづらさが見られます。ドケルバン病、ばね指など、さまざまな種類があります。
ドケルバン病 (狭窄性腱鞘炎)とは?
親指のつけ根におきる腱鞘炎で、親指の下の手首あたりに痛みと腫れが出ます。
手を反復して使用することによる手の酷使が原因となることが多いですが、その他に関節リウマチ、結核、細菌感染が原因の化膿性腱鞘炎があります。
指の使用が原因の場合は、鎮痛剤、固定具を使い、手を安静にする固定療法、患部にステロイド注射など保存療法で様子をみますが、症状が改善されず、何度も再発するような場合には、腱鞘を切開して 腱の通りをスムーズにする手術を行います。
ばね指(弾撥指)とは?
手の指に起きる腱鞘炎の一つで、指の動きが悪くなったり、指がまがったまま伸びなくなる病気です。指を反復して使用することによる手の酷使が原因となることが多いですが、その他に関節リウマチ、結核、細菌感染が原因の化膿性腱鞘炎があります。子どもに親指のばね指がみられる場合がありますが、原因は不明です。
指の動きが悪くなる他に熱や痛み、腫れが生じます。出産後や更年期障害に悩んでいる女性に多いのも特徴です。
鎮痛剤、患部にステロイド注射など保存療法で様子をみますが、症状が改善されず、何度も再発するような場合には、腱鞘を切開して 腱の通りをスムーズにする手術を行います。
へバーデン結節とは?
指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がって硬い結節になってしまう原因不明の疾患です。この疾患の報告者へバーデンの名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。いろいろな程度の変形があります。すべての人が強い変形になるとは限りません。時に背側に軟部腫瘤(粘液嚢腫)を生じることもあります。
保存的療法としては、局所の安静(固定も含む)や投薬、局所のテーピングなどがあります。保存的療法で痛みが改善しないときや変形がひどくなり日常生活に支障をきたす場合は、手術を考慮します。
ガングリオンとは?
ガングリオンは手に発生する腫瘍のうちで最も頻度が高く、なかにゼリー状の物質の詰まった腫瘤です。典型的なものは手関節背側(甲側)、に生じます。明らかな発生の原因は不明ですが、手関節の関節包(関節を包むふくろ)にガングリオンが繋がっていることが多いです。ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配はありません。ただし、診断をしてもらうためにも整形外科を受診しましょう。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経が圧迫されて神経症状があるもの(痛みや運動障害など)は治療が必要になります。
良性で機能障害を起こさないので基本的な治療方法はガングリオンに注射針を刺して注射器で吸引し内容物を排出します。何回か吸引排出する治療を行ううちに治ることもあります。ガングリオンに力を加えて押し潰す治療法もあります。それでも繰り返し内容物が溜まるようなら、手術を行います。手術をしても再発する可能性もあります。
マレット変形とは?
指の第1関節が木槌のように曲がった状態になるので、マレット変形と呼ばれます。マレット変形のなかには、伸ばすスジ(腱)である伸筋腱が伸びたために生じるものと第1関節内の骨折が生じて起こるものがあります。
病態や受傷後の経過期間によって治療法は異なります。腱性マレット指では一般に装具などの保存的療法が行われます。骨折を伴う骨性マレット指の場合には、手術を必要とすることがあります。
テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは?
手ぬぐいやぞうきんを絞る動作、重いものを持ち上げる動作の際に肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますが、テニスやスポーツ以外にも手の使い過ぎや原因のまったくわからないものもあります。
治療方法は、ストレッチをこまめに行い、スポーツや手をよく使う作業をひかえて、湿布や外用薬を使用します。肘の外側に局所麻酔薬とステロイドの注射したりテニス肘用のバンドを装着することもありますが、これらの治療方法も無効な場合は手術療法を行うこともあります。
肘部管症候群とは?
自覚症状は、初期には小指と環指の一部にしびれ、痛みなどの感覚障害が生じます。麻痺が進行すると手の筋肉がやせてきたり、小指と環指の変形がおきてきます。肘部管症候群とは、肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わって、生じる神経の障害をいいます。
薬物の投与・肘の安静などの保存療法をまずは行います。これらの治療が無効の場合や麻痺が進行しているときには、尺骨神経を圧迫している靱帯の切離やガングリオンの切除を行います。