リハビリテーション科|揖保郡太子町のささき整形外科クリニック

リハビリテーション科とは

リハビリテーションとは、身体に痛みや障害がある方ができるだけ早く社会や日常生活に復帰できるように、またケガなどで競技ができなくなっている人にスポーツ復帰できるように運動療法や物理療法などを取り入れて実施される医療です。リハビリ治療には、身体機能の回復の他に、後遺症を残さないという目的もあります。骨や関節は動かさないままでいると、どんどん悪化してしまいます。ご自宅などでも適切なリハビリテーションができるように必要な方には、アドバイスをさせていただいていますので、ご遠慮なくご相談ください。

運動療法
筋力を鍛えたり、関節を動かしたり運動をすることで身体機能を改善する療法です。適切な運動療法を受けることは、生活習慣病(高血圧、動脈硬化、虚血性心疾患、糖尿病、高脂血症など)の予防や治療に有効であるだけでなく、認知症の予防にも有効と報告されています。

物理療法
物理療法とは、理学療法とも呼ばれマッサージや電気療法、温熱療法、光線治療、牽引療法、水圧式マッサージ器など薬物を利用せずに物理的な手段を用いて痛みを取り、炎症を和らげる治療方法です。

当院で行う運動療法

当院ではより専門性を明確にするために国家資格を持った理学療法士が運動療法を担当しています。運動療法には関節可動域回復訓練、麻痺回復促進訓練、歩行訓練、筋力増強、心肺機能改善訓練などが含まれています。

健康維持・増進における運動の効果が医学的に認識されており、運動器の障害により移動能力の低下した状態である「ロコモ」や変形性関節症、外傷後急性期など適切なタイミングで運動療法を行うことで症状の改善が認められます。

最後になりますが、リハビリテーションの待ち時間短縮のため、運動療法対象の方は予約制とさせて頂いております。初診日の運動療法は、空きがあれば対応させていただいておりますが、原則的に予約のみとなります。皆様のご理解を宜しくお願い申しあげます。

当院で行う物理療法

電気療法(干渉波・低周波治療器)
干渉波や低周波で深部に刺激を与えることで筋肉や神経の緊張をほぐし、しびれの軽減、麻痺筋の促通を目的とする治療です。

干渉波・低周波治療器
温熱療法(遠赤外線)
遠赤外線領域の波長で、温感は低く感じても皮膚表面でのエネルギー吸収が大きく、心地よい温かさが得られます。患部を表面から温めることにより血行を促進させ痛みを和らげる治療方法です。

遠赤外線治療器
牽引療法(腰椎牽引治療器・頸椎牽引治療器)
痛みのある部分をゆっくり引っ張っていき、椎間板を伸ばし椎間の隙間を拡げることで神経への圧迫をやわらげていく治療です。

腰椎牽引治療器
水圧式マッサージ器
水圧によって全身をマッサージします。従来の機械式のマッサージ器に比べ痛みがなく、服を着たままでリラックス効果が得られます。

水圧式マッサージ器

このような症状の方は、一度ご相談ください

○ 膝が痛くてしゃがんだり立ち上がったりがうまくできない
○ 膝が痛くてしゃがんだり立ち上がったりがうまくできない
○ 肩や首のこりがひどくて仕事に支障がある方
○ 慢性的な腰痛で日常生活に支障がある方
○ スポーツ障害がある方