整形外科|揖保郡太子町のささき整形外科クリニック

整形外科とは

整形外科は、身体の運動器(骨、関節、筋肉、神経などの)の病気を扱う診療科です。

運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。頭部、内臓器疾患以外の全身すべてが対象となり、広範囲な上、お子様からご高齢の方までその疾患内容は多種多様で、治療の必要な患者数が多いのが特徴です。その為、ひとくちに整形外科といっても上肢を扱う「手の外科」、下肢の「足の外科」、肩関節、股関節、膝関節などを扱う「関節外科」、背骨と脊髄を主に扱う「脊椎外科」等があります。さらにスポーツによるケガや障害を扱う「スポーツ整形外科」などの専門分野もあります。

一般整形外科では、ケガや骨折、慢性の肩こりや腰痛、坐骨神経痛や関節痛などの治療を行い、これらの疼痛の緩和や運動機能を回復させることを目指し、生活の質(QOL= Quality of Life)の向上を第一とした医療の提供を行っています。

このような症状の時はご相談ください

骨折や捻挫などの外傷(ケガ)
上肢、下肢や体幹部の骨折、脱臼、捻挫、打撲、靭帯損傷などの外傷(ケガ)
関節の病気
股関節、膝関節、足関節、肩関節、肘関節、手関節などの加齢性の関節症
骨の病気
骨粗鬆症などの骨の強度低下など
脊椎脊髄の病気
頸椎、胸椎や腰椎部の痛み、変形、下肢のしびれや麻痺、ぎっくり腰、脊椎の外傷(ケガ)など
上肢の病気
肩部、肘部や手指の痛み、変形、運動障害、しびれ、腱鞘炎、バネ指、手根管症候群や外傷(ケガ)など
下肢の病気
股関節部から足先までの痛み、変形、運動障害、しびれや外傷(ケガ)、いぼ、たこ、うおのめ、巻き爪など
スポーツ障害
青少年の野球やサッカーなどのスポーツに伴う外傷(ケガ)や痛み、および中高年者のレクリエーションスポーツやウォーキングなどに伴う痛み
小児の整形外科的な病気
小児の脊椎変形、上肢、下肢の変形や先天異常、歩行障害や関節の痛みなど

なるべく早く、治療を開始することが、早期回復につながります。
まずは当院へお早めにご相談ください。